サジーの研究

【皮膚保護作用】乾燥の軽減

『サジー種子オイルは、皮膚の水分保持に関わるタンパク質の発現を増加させ、皮膚の乾燥を軽減する』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)種子の不飽和脂肪酸濃縮エキス(種子オイル)は、アクアポリン3とヒアルロン酸合成酵素2の発現を増加させることで皮膚の乾燥を軽減する

シーバックソーン(サジー)の種子オイルは多量の多価不飽和脂肪酸(PUFA)を含むことがよく知られており、PUFAは一般的に経表皮水分損失(TEWL)を減少させることで皮膚の水分補給を促進することが認められています。

本研究では、サジー種子オイルがアクアポリン3(AQP3)※またはヒアルロン酸合成酵素2(HAS2)の発現を増加させるかどうかを調べました。

※アクアポリン3:肌の表皮に存在し、水分の取り込みに関わるタンパク質

方法

サジー種子オイルの細胞毒性(安全性)を調べるためにMTTアッセイを行いました。

次に、サジー種子オイルが正常ヒト表皮ケラチノサイト(NHEK)細胞でAQP3 mRNAの発現を増加させるかどうかを調べるためにPCRを行いました。

また、免疫蛍光法(IF)とウェスタンブロット分析を用いて、NHEK細胞または再構築した表皮の皮膚モデルにおいてサジー種子オイルの影響を受けたAQP3とHAS2のタンパク質レベルの発現を調べました。

結果

・MTTアッセイ(安全性評価)
すべての試験濃度のサジー種子オイルは細胞に対して細胞毒性を示しませんでした。

・PCR(AQP3 mRNAの発現)
10μg/mLのサジー種子オイルで処理したサンプルは、陰性対照と比較してAQP3 mRNAレベルを明らかに増加させました。

・免疫蛍光法(IF)とウェスタンブロット分析(AQP3とHAS2のタンパク質レベルの発現)
10μg/mLのサジー種子オイルで処理したNHEK細胞のAQP3とHAS2のタンパク質レベルは、陰性対照よりもはるかに高いことが示されました。

さらに、再構築表皮皮膚モデルにおいても、10μg/mLのサジー種子オイルで処理したサンプルは、陰性対照と比較してAQP3とHAS2タンパク質の発現が大幅に上昇しました。

以上のことから、サジー種子オイルがAQP3とHAS2の発現を増加させ、皮膚の乾燥を軽減することが分かりました。

<参考文献>

Qifeng Yao, Tinghan Jia, Wu Qiao, Hongjian Gu, Ken Kaku(2021)/Unsaturated fatty acid-enriched extract from Hippophae rhamnoides seed reduces skin dryness through up-regulating aquaporins 3 and hyaluronan synthetases 2 expressions/J Cosmet Dermatol./20/321-329

【皮膚保護作用】メラニン合成の抑制

『サジー種子残渣の抽出物は、マウスのメラノーマ細胞におけるメラニン合成を阻害する』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)種子残渣抽出物の役割;B16F10メラノーマ細胞に対する抗メラニン生成特性

シーバックソーン(サジー)種子残渣のアルコール抽出物(HYD-SBSR)は、皮膚の美白剤として期待されています。

HYD-SBSRのB16F10マウスメラノーマ細胞に対する抗メラニン生成特性を分析し、そのメカニズムを転写レベルと翻訳レベルの両方で測定しました。

結果

HYD-SBSRは、24時間、48時間および72時間の処理によってメラノーマ細胞のメラニン含量を有意に減少させ(P < 0.01)、さらに細胞外のチロシナーゼ※活性を強く阻害し、細胞内のチロシナーゼ活性を減少させました(P < 0.01)。

※チロシナーゼ:メラニン生成酵素

HYD-SBSRは、細胞株において、チロシナーゼ(TYR)およびチロシナーゼ関連タンパク質1(TRP-1)の発現、TYRおよびTRP-1タンパク質の分泌に対して阻害作用を示しました。また、チロシナーゼ関連タンパク質2(TRP-2)および小眼球関連転写因子(MITF)のタンパク質レベルには有意な差は見られませんでした。

以上のことから、サジー種子残渣抽出物は、チロシナーゼ活性を低下させ、チロシナーゼおよびTRP-1の発現を低下させることにより、メラニン合成を阻害すると考えられます。

<参考文献> 

Jiachan Zhang, Changtao Wang, Chengtao Wang, Baoguo Sun, Cai Qi(2018)/Understanding the role of extracts from sea buckthorn seed residues in anti-melanogenesis properties on B16F10 melanoma cells/Food Funct./9/5402-5416

【皮膚保護作用】紫外線からの保護

『サジー種子オイルは、紫外線からヒトの皮膚細胞を保護する作用をもっている』という細胞実験の研究結果が発表されています。

紫外線による皮膚細胞の脂質代謝変化に対するシーバックソーン(サジー)種子オイルの効果

2種類の皮膚細胞を用いて、紫外線照射細胞の酸化還元バランスと脂質代謝に対するサジー種子オイルの影響を調べ、光保護効果があるかどうかを検討しました。

方法

ヒトのケラチノサイトと線維芽細胞に、UVAまたはUVB※を照射し、サジー種子オイル(500ng/mL)で処理した後、以下の方法を用いて酸化還元活性を推定しました。

※UVA:紫外線タイプA、20J/cm²および30J/cm²
※UVB:紫外線タイプB、60mJ/cm²および200mJ/cm²

・活性酸素種(ROS)の発生
・電子スピン共鳴(ESR)
・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
・分光光度計

また、脂質代謝や、皮膚の再生・保護に関わる受容体については以下の項目を測定しました。

・脂肪酸
・脂質過酸化産物
・ホスホリパーゼA2活性
・エンドカンナビノイド(カンナビノイド受容体レベル)
・ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)

結果

サジー種子オイルの処理によって、脂質過酸化産物(4-ヒドロキシノネナール、8-イソプロスタグランジン)の減少、エンドカンナビノイド受容体レベルの上昇が観察されました。

さらに、サジー種子オイルによって、リン脂質と遊離脂肪酸の値が高くなり、同時に紫外線照射したケラチノサイトと線維芽細胞のカンナビノイド受容体の発現を低下させました。

ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)に関しては、皮膚細胞の種類によって異なる結果が得られました。紫外線照射後のケラチノサイトではPPARの発現が低下しましたが、線維芽細胞では発現が亢進(高進)され、抗炎症作用を示しました。

以上の結果から、サジー種子オイルは、皮膚の線維芽細胞とケラチノサイトにおいて、紫外線による酸化還元バランスや脂質代謝の乱れを防ぐ効果があり、皮膚の光保護に有用であると考えられます。

<参考文献>

Agnieszka Gęgotek, Anna Jastrząb, Iwona Jarocka-Karpowicz, Marta Muszyńska, Elżbieta Skrzydlewska(2018)/The Effect of Sea Buckthorn ( Hippophae rhamnoides L.) Seed Oil on UV-Induced Changes in Lipid Metabolism of Human Skin Cells/Antioxidants (Basel)./7/110

【胃保護作用】胃潰瘍の改善

『胃潰瘍やびらん病変をもつイヌにサジー種子オイルを摂取させたところ、病変の治癒がみられた』という研究結果が発表されています。

イヌの胃潰瘍およびびらんの治療におけるシーバックソーン(サジー)オイルの有効性;標準的な薬剤との比較

方法

本試験は、中型雑種のイヌ20頭を対象に行われました。
デキサメタゾン(1mg/kg)を1日2回静脈内投与し、胃潰瘍とびらんを形成させました。

その後、すべてのイヌを無作為に5つのグループに分け、それぞれの治療薬またはサジー種子オイルを1日2回経口投与させました。

①ランソプラゾール(1.5mg/kg)
②スクラルファート(1g/動物)
③ミソプロストール(10μg/kg)
④ファモチジン(1mg/kg)
⑤サジー種子オイル(5mL/動物)

結果

胃内視鏡検査では、サジー種子オイル群でも胃潰瘍・びらん病変の完全な治癒がみられ、治癒するまでに要した日数は以下のような結果となりました。また、すべてのイヌで食欲の著しい改善がみられました。

①ランソプラゾール群:9.00±1.23日
②スクラルファート群:13.50±0.87日
③ミソプロストール群:10.50±1.50日
④ファモチジン群:8.25±1.44日
⑤サジー種子オイル群:7.5±0.87日

下血の症状は、それぞれの群で以下の日数まで続きました。

①ランソプラゾール群:6日目
②スクラルファート群:9日目
③ミソプロストール群:9日目
④ファモチジン群:6日目
⑤サジー種子オイル群:3日目

血液学的検査では、いずれの群でも顕著に改善し、また血清生化学的検査でも悪影響を及ぼしませんでした。

以上の結果から、イヌのデキサメタゾン誘発性の胃潰瘍に対して、サジー種子オイルが有用であることが示唆されました。

<参考文献>

Richa Dogra, S P Tyagi, Amit Kumar(2013)/Efficacy of Seabuckthorn (Hippophae rhamnoides) Oil vis-a-vis Other Standard Drugs for Management of Gastric Ulceration and Erosions in Dogs/Vet Med Int./2013/176848

【抗菌作用】メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性

『サジー果実の抽出物とサジー葉の抽出物は、それぞれメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対し抗菌作用がある』という研究結果が発表されています。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対するシーバックソーン(サジー)の抗菌活性

ディスク拡散法を用いて、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌※(MRSA)に対するシーバックソーン(サジー)の果実と葉の抗菌活性を調べました。

※メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus):メチシリンなど複数の抗生物質に薬剤耐性を示す細菌

方法

サジーの果実と葉それぞれに関してクロロホルム、n-ヘキサンおよび水性の抽出物を用意し、2mg/ml,4mg/ml,6mg/mlの用量で実験を行いました。
また、抗菌活性について標準薬であるバンコマイシンとの比較を行いました。

結果

果実のn-ヘキサン抽出物とクロロホルム抽出物、および葉のn-ヘキサン抽出物は、バンコマイシンと同等の有意な抗菌活性を示しました(p<0.05)。

以上のことから、サジーの果実および葉の抽出物には、MRSAに対する抗菌作用があると結論づけられました。

<参考文献> 

Muhammad Imran Qadir, Khizar Abbas, Adnan Younus, Rehan Sadiq Shaikh(2016)/Report – Antibacterial activity of sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.) against methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA)/Pak J Pharm Sci./29/1711-1713

【肝保護作用】肝機能の改善

『肝硬変患者がシーバックソーン(サジー)の抽出物を6ヶ月間摂取したところ、肝機能の指標であるアミノトランスフェラーゼが正常化するまでの期間が短縮した』という研究結果が発表されています。

肝線維症(肝硬変)に対するシーバックソーン(サジー)の効果:臨床試験

肝線維症(肝硬変)患者に対するサジーの効果を評価しました。

方法

Child-Pugh分類のグレードAおよびBの肝硬変患者50名を無作為に2群に分け、以下のサンプルを1日3回、6か月間経口摂取しました。

①サジー抽出物群(30名):サジー抽出物(1回15g)
②対照群(20名):ビタミンB複合体(1回2錠)

両群の摂取前後に以下の検査を行いました。

・ラミニン(LN)
・ヒアルロン酸(HA)
・III型コラーゲン
・IV型コラーゲン
・総胆汁酸(TBA)
・アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)
・アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)
・肝血清アルブミン
・プロトロンビン時間

結果

サジー抽出物を摂取した後は、LN、HA、III型コラーゲン、IV型コラーゲン、総胆汁酸(TBA)の血清レベルは、対照群に比べて有意に低下しました。

また、サジー抽出物群では、アミノトランスフェラーゼ(ALT、AST)が正常化する期間を顕著に短縮しました。

肝血清アルブミンとプロトロンビン時間には差が見られませんでした。

以上のことから、サジーは肝機能の改善に有用であると示唆されました。

<参考文献>

Ze-Li Gao, Xiao-Hong Gu, Feng-Tao Cheng, Fo-Hu Jiang(2003)/Effect of sea buckthorn on liver fibrosis: a clinical study/World J Gastroenterol./9/1615-1617

【抗酸化作用】赤血球の保護

『サジーの抽出物を投与したラットは、投与していないラットと比べて酸化ストレスから赤血球が保護される』という研究結果が発表されています。

ラット血液中のニコチンによる酸化ストレスに対するシーバックソーン(サジー)の効果、ビタミンEとの比較

シーバックソーン(サジー)の抽出物と、陽性対照であるビタミンEが、ラットの血液中のニコチンによる酸化ストレスに及ぼす影響を調べました。

本研究では、1群につき8匹のラットを使用し、投与期間は3週間としました。

①ニコチン群(0.5mg/kg/day、腹腔内投与)
②ニコチン+ビタミンE群(75mg/kg/day、胃内投与)
③ニコチン+サジー抽出物群(1ml/kg/day、胃内投与)
④対照群

評価方法

以下の項目を測定しました。

・赤血球のマロンジアルデヒド(MDA)値
・赤血球の抗酸化酵素活性
・血漿中のビタミンE濃度およびビタミンA濃度

結果

・赤血球のマロンジアルデヒド(MDA)値
①ニコチン群では赤血球のMDA濃度が上昇しましたが、③サジー抽出物群と②ビタミンE群の両方ではMDA濃度の上昇が抑制されました。

・赤血球の抗酸化酵素活性
①ニコチン群では赤血球のスーパーオキシドディスムターゼ(SOD)活性が低下しました。この抗酸化酵素活性の低下は、③サジー抽出物群によって抑制されましたが、②ビタミンE群では抑制されませんでした。また、異なる抗酸化酵素であるカタラーゼの活性は影響を受けませんでした。

・血漿中のビタミンE濃度およびビタミンA濃度
②ビタミンEの補給により、血漿ビタミンE濃度が上昇しました。血漿中のビタミンA濃度は、①ニコチン群および④対照群と比較して、②ビタミンEおよび③サジー抽出物を補給した両群で高値でした。

以上の結果から、サジー抽出物は、ニコチンによる酸化ストレスを防ぎ、赤血球を保護することが示唆されました。

<参考文献>

Halis Suleyman, Kenan Gumustekin, Seyithan Taysi, Sait Keles, Nuray Oztasan, Omer Aktas, Konca Altinkaynak, Handan Timur, Fatih Akcay, Sedat Akar, Senol Dane, Mustafa Gul(2002)/Beneficial effects of Hippophae rhamnoides L. on nicotine induced oxidative stress in rat blood compared with vitamin E/Biol Pharm Bull./25/1133-1136

【抗腫瘍】発がん性物質からの保護

『ラットにサジージュースを摂取させると、発がん性物質によって誘発される腫瘍の生成を防ぐ』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)ジュースによるアミノピリン+亜硝酸塩摂取ラットの腫瘍生成抑制効果

Wistar系ラットを3群(各群17~18匹)に分け、アミノピリン※(0.2%)と硝酸ナトリウム(0.2%)を含む飼料と、以下を38週間自由摂取させました。

・水道水(対照)
・シーバックソーン(サジー)ジュース
・アスコルビン酸(ビタミンC)溶液

※アミノピリンは胃の中で亜硝酸と反応し、発がん性物質であるニトロソジメチルアミンが生成されます。

結果①(腫瘍の数)

・対照群(水道水)
17匹すべての肝臓に腫瘍が生じ、うち6匹は肺に、4匹は腎臓にも腫瘍を生じました。

・サジージュース摂取群
15匹が肝臓に、11匹が肺に、2匹が腎臓に腫瘍を生じました。

・アスコルビン酸(ビタミンC)摂取群
18匹すべての肝臓に腫瘍が生じ、うち6匹は肺に、4匹は腎臓にも腫瘍を生じました。

結果②(平均寿命)

サジージュース摂取群の平均寿命は270日で、対照群(195日)やアスコルビン酸摂取群(220日)よりも有意に長い結果となりました(P<0.01)。

また、サジージュース摂取群のラットの肝臓を顕微鏡で観察したところ、対照群やアスコルビン酸摂取群に比べて発癌巣の数が少ないことが分かりました。

以上の結果から、サジージュースはアスコルビン酸よりも効果的にN-ニトロソ化合物の生成を阻害し、それによって腫瘍の生成を防ぐことができると考えられます。

<参考文献>

Y Li, H Liu(1991)/Prevention of tumour production in rats fed aminopyrine plus nitrite by sea buckthorn juice/IARC Sci Publ./568-570

【抗肥満】ウエスト周囲径の減少

『肥満気味の女性がサジーの果実を摂取したところ、ウエスト周囲径の有意な減少が確認された』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)とビルベリーは、肥満気味の女性の代謝性疾患に対して、わずかに好ましい効果を示す

食生活は、肥満、2型糖尿病、アテローム性心血管疾患に大きな影響を与えています。本研究では、過体重および肥満の女性を対象に、代謝性疾患の関連変数に対するシーバックソーン(サジー)とその一部、およびビルベリーの効果を比較しました。

方法

合計110名の女性ボランティアを募集し、以下4種類(サジーとその一部、およびビルベリー)を、それぞれ33~35日間続けて経口摂取してもらいました。それぞれの摂取量は、生の果実100gの1日平均摂取量に相当する量としました。

<摂取したもの(摂取順はランダム)>
①サジー
②サジーのフェノール抽出物
③サジーオイル
④ビルベリー

それぞれの摂取後、次のベリーを摂取するまで30~39日間のウォッシュアウト期間を設けました。各期間終了後、採血と身体計測を行いました。80名のボランティアがこの研究を完了しました。

結果

・ウエスト周囲径
サジー摂取後およびビルベリー摂取後に、有意に減少しました。
(サジー:-1.1 cm; P = 0.008、ビルベリー:-1.2 cm; P = 0.041)

・血管細胞接着分子(VCAM)※
サジーオイル摂取後およびビルベリー摂取後に、有意に減少しました。
(サジーオイル:-66.1 ng/ml; P = 0.001、ビルベリー:-49.8 ng/ml; P = 0.002)

・細胞間接着分子(ICAM)※
サジーのフェノール抽出物摂取後に有意に減少しました。
(サジーのフェノール抽出物:-6.1 ng/ml; P = 0.028)

※VCAMやICAMは白血球の働きに関与しており、上昇すると動脈硬化や心血管疾患の発症に関わるといわれています。また、これらのマーカーは肥満では上昇し、減量すると減少することが知られています。

以上の結果から、これらのベリー類は、代謝疾患の関連変数に対して様々なプラスの効果をわずかに持つと結論づけられました。

<参考文献>

H-M Lehtonen, J-P Suomela, R Tahvonen, B Yang, M Venojärvi, J Viikari, H Kallio(2011)/Different berries and berry fractions have various but slightly positive effects on the associated variables of metabolic diseases on overweight and obese women/Eur J Clin Nutr./65/394-401

【血液】血小板の抗接着作用

『サジーの果実から抽出したフェノール類は、血小板の接着作用を阻害し、心血管疾患の予防に有用である』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)の果実から抽出したフェノール類による血小板接着の抑制効果

サジー果実に含まれるフェノール性画分(サジー画分)が、血小板の活性化のさまざまな段階(接着と凝集)に及ぼす影響をin vitro(細胞実験)で調べました。

方法

サジー画分の影響について、それぞれ以下の方法で測定しました。

・血小板のコラーゲンおよびフィブリノゲンへの接着
 ⇒Tuszynskiらの方法およびMurphyらの方法

・血小板の凝集性
 ⇒タービディメトリー

結果

サジー画分(0.5~50μg/ml、培養時間30分)は、血小板のコラーゲンおよびフィブリノゲンへの接着を阻害しました。

血小板の接着に対する効果は、サジー画分の濃度に依存した結果となり、最高濃度である50μg/mlの存在下では、トロンビンにより活性化された血小板の接着を約55%阻害しました。

一方、試験したサジー画分には抗凝集作用は認められませんでした。

以上の結果から、サジー果実由来のフェノール性画分の抗接着作用が示され、心血管疾患の予防に有用であることが示唆されました。

<参考文献> 

B Olas, B Kontek, M Szczesna, L Grabarczyk, A Stochmal, J Zuchowski(2017)/Inhibition of blood platelet adhesion by phenolics’ rich fraction of Hippophae rhamnoides L. fruits/J Physiol Pharmacol./68/223-229