サジーの研究

【肝保護作用】鉛による肝障害の予防

ラットにサジーの葉抽出物を摂取させると、酢酸鉛による酸化ストレスが低下し、肝障害を予防することができる』という研究結果が発表されています。

酢酸鉛中毒のWistar系ラットにおけるシーバックソーン(サジー)葉抽出物の肝保護作用

酢酸鉛中毒のWistar系ラットを対象に、シーバックソーン(サジー)の葉抽出物の肝保護効果を調べました。

方法

成熟したWistar系雄性ラット(35匹)を無作為に5つのグループに分けました。

I群:対照群
II群:酢酸鉛
III群:サジーの葉抽出物
IV群:酢酸鉛(45日間)+サジーの葉抽出物(実験期間中)
V群:酢酸鉛(45日間)+サジーの葉抽出物(最後の15日間のみ)

※酢酸鉛:250ppm、飲料水に添加
※サジーの葉抽出物:100mg/kg、経口投与

肝機能酵素を調べるために、0日目、45日目、60日目に血液を採取し、以下の項目について比較しました。

・アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)
・アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)
・酸性ホスファターゼ(ACP)
・アルカリホスファターゼ(ALP)活性

結果

鉛曝露により、酢酸鉛中毒群(II群,IV群,V群)では、I群(対照群)と比較してAST、ALT、ACP、ALP活性、肝臓重量が増加し、肝酸化ストレスが生じました。

しかし、酢酸鉛と同時にサジーの葉抽出物を摂取した群(IV群)では、鉛毒性に対する保護効果が認められました。

また、酢酸鉛中毒が起こった後にサジーの葉抽出物を補給した群(V群)では、AST、ALT、ALP活性および肝酸化ストレスが低下し、その改善効果が認められました。

以上のことから、サジーの葉抽出物を摂取することにより、飲料水に含まれる酢酸鉛による肝障害を予防することが示唆されました。

Rizwana Zargar, Pratiksha Raghuwanshi, Aditi Lal Koul, Ankur Rastogi, Pallavi Khajuria, Aafreen Wahid, Sumeet Kour(2020)/Hepatoprotective effect of seabuckthorn leaf-extract in lead acetate-intoxicated Wistar rats/Drug Chem Toxicol./1-5

【腎保護作用】腎毒性からの保護

『ニホンウズラにサジー葉を摂取させると、カビ毒による腎症を部分的に予防することができた』という研究結果が発表されています。

オクラトキシンAによるニホンウズラの腎毒性の病態とシーバックソーン(サジー)による保護効果

ニホンウズラのオクラトキシンA(OTA)※による腎障害に対するシーバックソーン(サジー)の保護効果を調べました。

※オクラトキシンA:腎毒性や肝毒性があるカビ毒の一種

方法

ウズラのヒナを6群に分け、以下いずれかの飼料または水を21日間与えました。

①2%のサジー葉粉末を含む飼料
②3ppmのOTAを含む飼料
③3ppmのOTAと25ppmのL-β-フェニルアラニン(Phe)を含む飼料
④2%のサジー葉粉末と3ppmのOTAを含む飼料
⑤10%/Lのサジー葉抽出物と3ppmのOTAを含む水
⑥毒素を含まない標準的な飼料(対照群)

結果

②OTAを添加した飼料を与えた群では、軽度から中等度の腎腫脹がみられました。しかし、③フェニルアラニンや④⑤サジー葉を一緒に摂取した群では重症度が低くなっていました。

顕微鏡的には、②OTAを添加した飼料を与えた群では変性、壊死、および炎症性の変化が観察されましたが、③フェニルアラニンや④⑤サジー葉を一緒に摂取した群では、その変化はより軽度でした。

超微細構造の研究では、近位尿細管に顕著な変化がみられ、②OTAを添加した飼料を与えた群ではミトコンドリアと小胞体の深刻な損傷がみられましたが、④⑤サジー葉を一緒に摂取した群ではミトコンドリアの変化は軽度でした。

以上の結果から、ニホンウズラにおいて、2%のサジー葉粉末やサジー葉抽出物を飼料や水に配合することで、OTAによる腎症を部分的に予防できることが示唆されました。

<参考文献>

V Patial, R K Asrani, R D Patil, D R Ledoux, G E Rottinghaus(2013)/Pathology of ochratoxin A-induced nephrotoxicity in Japanese quail and its protection by sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.)/Avian Dis./57/767-779

【脂質低下作用】内臓脂肪蓄積の予防

『肥満マウスにサジー葉茶を飲ませたところ、体重増加を抑制し、内臓脂肪の蓄積が抑えられた』という研究結果が発表されています。

食事誘発性肥満マウスにおける粉末シーバックソーン(サジー)葉茶の抗内臓肥満作用および抗酸化作用

高脂肪食を与えている肥満マウスに対する粉末サジー葉茶の効果を検証するため、肥満マウスに2種類の用量(1%および5%)のサジー葉茶を6週間与えました。

結果、サジー葉茶を与えたマウスでは、用量依存的に体重増加が抑制され、高脂肪食のみを与えた対照マウスと比較して、内臓脂肪、血漿中のレプチン、中性脂肪、総コレステロールの濃度、ALT活性が有意に低下しました。

また、サジー葉茶を与えたマウスは、肝臓の中性脂肪とコレステロールの濃度、および脂質の蓄積が減少し、一方で糞便中の脂質の排泄が上昇しました。

肝臓の代謝酵素であるCYP2E1の活性や、肝臓および赤血球の脂質過酸化物は、サジー葉茶の補給により有意に低下しました。また、肝臓および赤血球の抗酸化酵素であるSODやCATの活性はサジー葉茶の補給により用量依存的に増加しました。

これらの結果から、サジー葉茶は、高脂肪食誘発肥満マウスにおいて、脂質代謝および抗酸化物質代謝の調節を介した抗内臓肥満および抗酸化作用を有する可能性が示されました。

<参考文献>

Hae-In Lee, Mi-Su Kim, Kyung-Mi Lee, Seok-Kyu Park, Kwon-Il Seo, Hye-Jin Kim, Myung-Joo Kim, Myung-Sook Choi, Mi-Kyung Lee(2011)/Anti-visceral obesity and antioxidant effects of powdered sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.) leaf tea in diet-induced obese mice/Food Chem Toxicol./49/2370-2376

【抗酸化作用】運動負荷による疲労の軽減

『ラットにサジー葉水抽出物を投与して運動させると、運動できる時間が延長された』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)葉の抽出物がラットの水泳持久力および運動により誘発される酸化ストレスに及ぼす影響

サジー葉には、有意な抗酸化作用、免疫調節作用、抗炎症作用があります。本研究では、サジー乾燥葉の水性凍結乾燥抽出物の抗疲労作用、抗酸化作用および組織保護作用を、運動をしたWistar系雄ラットで評価しました。

方法

サジー葉水抽出物をそれぞれ以下の用量で1週間経口投与しました。

(1日あたりの用量)
①50mg/kg体重
②200mg/kg体重
③800mg/kg体重

1週間後、バレルの中でラットを泳がせ、疲労困憊するまでの時間を記録しました。その結果からラットにおけるサジー葉抽出物の有効量を設定しました。効果的な投与量を設定した後、様々な生化学的パラメータを評価しました。

結果

②200mg/kg体重および③800mg/kg体重の2つの群において、ラットの遊泳時間が顕著に延長しました。

また、サジー葉水抽出物を補給することで、運動負荷によるマロンジアルデヒド※濃度の上昇とセレン依存性グルタチオンペルオキシダーゼ※活性の上昇を抑えることができました。

※マロンジアルデヒド:酸化ストレスの指標
※セレン依存性グルタチオンペルオキシダーゼ:抗酸化作用のある酵素

さらに、 サジー葉を投与したラットは、投与せずに運動だけを行った場合に比べて、運動後に上昇しやすいアラニンアミノトランスフェラーゼやクレアチンキナーゼの値が低下していました。

以上のことから、サジー葉水抽出物には、ラットの運動負荷による運動能力の向上および酸化的損傷からの保護が期待できます。

<参考文献>

Xianyun Zheng, Wenmin Long, Gening Liu, Xiaomin Zhang, Xiaolan Yang(2012)/Effect of seabuckthorn (Hippophae rhamnoides ssp. sinensis) leaf extract on the swimming endurance and exhaustive exercise-induced oxidative stress of rats/J Sci Food Agric./92/736-742

【抗酸化作用】心機能障害の軽減

『ラットにサジーオイルを摂取させたところ、抗酸化作用の異常が有意に改善され、心筋障害が軽減された』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)は、イソプロテレノールの心毒性によるラットの心機能障害および酸化ストレスを軽減する

イソプロテレノール(ISO)によって誘発される心毒性に対するシーバックソーン(サジー)オイルの効果を、血行動態、抗酸化物質、組織学的および超微細構造のパラメータを用いて検討しました。

ラットに ①ビヒクル(対照群) または ②サジーオイル(5,10,20mL/kg/d) を30日間経口投与し、29日目と30日目にISO(85mg/kg,24時間間隔で皮下投与)を投与しました。

結果

31日目、①対照群のラットは、心機能障害、脂質過酸化の増加、心筋障害マーカー酵素の減少、抗酸化活性の低下を示しました。また、心筋の壊死、浮腫、炎症が、光学顕微鏡や超微細構造の変化から明らかになりました。

一方②サジーオイル群では、特に20mL/kg/d投与したラットにおいて、血行動態や抗酸化作用の異常が有意に改善されました。
ISO誘発心毒性に対するサジーオイルの予防的役割は、病理組織学的および超微細構造学的検査によっても確認されました。

以上のことから、サジーオイルが、フリーラジカル消去および抗酸化作用によりISO誘発心筋障害を軽減することが示唆されました。

<参考文献>

Salma Malik, Sameer Goyal, Shreesh Kumar Ojha, Saurabh Bharti, Saroj Nepali, Santosh Kumari, Virendra Singh, Dharamvir Singh Arya(2011)/Seabuckthorn attenuates cardiac dysfunction and oxidative stress in isoproterenol-induced cardiotoxicity in rats/Int J Toxicol./30/671-680

【皮膚保護作用】アトピー性皮膚炎の改善

『アトピー性皮膚炎のモデルマウスにサジーオイルを塗布したところ、皮膚炎に関する検査値が改善された』という研究結果が発表されています。

2,4-ジニトロクロロベンゼン(DNCB)誘発アトピー性皮膚炎モデルマウスに対するシーバックソーンオイルのTh1/Th2バランス調整による改善効果

アトピー性皮膚炎(AD)は、世界的な慢性皮膚疾患です。本研究では、BALB/cマウスに2,4-ジニトロクロロベンゼン(DNCB)を繰り返し投与することで誘発されるアトピー性皮膚炎マウスモデルに対するシーバックソーン(サジー)オイルの効果を評価しました。

方法

マウスを以下の4群に分け、③および④のサジーオイル群には、濃度の異なる同量のサジーオイルを、15日間毎日塗布しました。

①正常対照群
②ADモデル群
③サジーオイル(5ml/kg)を投与したADモデル群
④サジーオイル(10ml/kg)を投与したADモデル群

その後、皮膚バリアの機能とIL-4、IFN-γ、TNF-α、TSLPの産生について調べました。

さらに、リンパ節におけるランゲルハンス細胞の移動と成熟についてフローサイトメトリーで評価しました。

結果

図2 DNCBで誘発されたADモデルの皮膚に対するサジーオイルの効果(抜粋)
B マウスの耳の厚さ C 皮膚炎のスコア(皮膚炎のスコアは、様々なAD症状に応じたスコアの合計)
P < 0.01, # P < 0.05vs.正常対照群; ** P < 0.01, * P < 0.05vs.ADモデル群

サジーオイルは、皮膚炎の特徴である耳の肥厚や肥満細胞の浸潤を改善させました。また、リンパ節重量の減少や、Th2細胞活性の低下など、皮膚炎のスコアが低下しました。

サジーオイルは、耳の組織におけるIL-4、IFN-γ、TNF-α、TSLPの発現、血清中のIgEレベル、リンパ節におけるIL-4、IFN-γ、TNF-αのmRNA相対発現を低下させました。

さらに、サジーオイルは、局所病変からリンパ節へのランゲルハンス細胞の移動を抑制し、リンパ節での成熟を阻害しました。

これらの結果から、サジーオイルは、Th1/Th2のバランスを維持することにより、DNCB誘発ADマウスに対して全身的または局所的に有益な効果を持つことが示唆されました。

<参考文献>

Xinxin Wang, Sijia Li, Jiping Liu, Dongning Kong, Xiaowei Han, Ping Lei, Ming Xu, Hongquan Guan, Diandong Hou(2020)/Ameliorative effects of sea buckthorn oil on DNCB induced atopic dermatitis model mice via regulation the balance of Th1/Th2/BMC Complement Med Ther./20/263

【皮膚保護作用】乾燥の軽減

『サジー種子オイルは、皮膚の水分保持に関わるタンパク質の発現を増加させ、皮膚の乾燥を軽減する』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)種子の不飽和脂肪酸濃縮エキス(種子オイル)は、アクアポリン3とヒアルロン酸合成酵素2の発現を増加させることで皮膚の乾燥を軽減する

シーバックソーン(サジー)の種子オイルは多量の多価不飽和脂肪酸(PUFA)を含むことがよく知られており、PUFAは一般的に経表皮水分損失(TEWL)を減少させることで皮膚の水分補給を促進することが認められています。

本研究では、サジー種子オイルがアクアポリン3(AQP3)※またはヒアルロン酸合成酵素2(HAS2)の発現を増加させるかどうかを調べました。

※アクアポリン3:肌の表皮に存在し、水分の取り込みに関わるタンパク質

方法

サジー種子オイルの細胞毒性(安全性)を調べるためにMTTアッセイを行いました。

次に、サジー種子オイルが正常ヒト表皮ケラチノサイト(NHEK)細胞でAQP3 mRNAの発現を増加させるかどうかを調べるためにPCRを行いました。

また、免疫蛍光法(IF)とウェスタンブロット分析を用いて、NHEK細胞または再構築した表皮の皮膚モデルにおいてサジー種子オイルの影響を受けたAQP3とHAS2のタンパク質レベルの発現を調べました。

結果

・MTTアッセイ(安全性評価)
すべての試験濃度のサジー種子オイルは細胞に対して細胞毒性を示しませんでした。

・PCR(AQP3 mRNAの発現)
10μg/mLのサジー種子オイルで処理したサンプルは、陰性対照と比較してAQP3 mRNAレベルを明らかに増加させました。

・免疫蛍光法(IF)とウェスタンブロット分析(AQP3とHAS2のタンパク質レベルの発現)
10μg/mLのサジー種子オイルで処理したNHEK細胞のAQP3とHAS2のタンパク質レベルは、陰性対照よりもはるかに高いことが示されました。

さらに、再構築表皮皮膚モデルにおいても、10μg/mLのサジー種子オイルで処理したサンプルは、陰性対照と比較してAQP3とHAS2タンパク質の発現が大幅に上昇しました。

以上のことから、サジー種子オイルがAQP3とHAS2の発現を増加させ、皮膚の乾燥を軽減することが分かりました。

<参考文献>

Qifeng Yao, Tinghan Jia, Wu Qiao, Hongjian Gu, Ken Kaku(2021)/Unsaturated fatty acid-enriched extract from Hippophae rhamnoides seed reduces skin dryness through up-regulating aquaporins 3 and hyaluronan synthetases 2 expressions/J Cosmet Dermatol./20/321-329

【皮膚保護作用】メラニン合成の抑制

『サジー種子残渣の抽出物は、マウスのメラノーマ細胞におけるメラニン合成を阻害する』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)種子残渣抽出物の役割;B16F10メラノーマ細胞に対する抗メラニン生成特性

シーバックソーン(サジー)種子残渣のアルコール抽出物(HYD-SBSR)は、皮膚の美白剤として期待されています。

HYD-SBSRのB16F10マウスメラノーマ細胞に対する抗メラニン生成特性を分析し、そのメカニズムを転写レベルと翻訳レベルの両方で測定しました。

結果

HYD-SBSRは、24時間、48時間および72時間の処理によってメラノーマ細胞のメラニン含量を有意に減少させ(P < 0.01)、さらに細胞外のチロシナーゼ※活性を強く阻害し、細胞内のチロシナーゼ活性を減少させました(P < 0.01)。

※チロシナーゼ:メラニン生成酵素

HYD-SBSRは、細胞株において、チロシナーゼ(TYR)およびチロシナーゼ関連タンパク質1(TRP-1)の発現、TYRおよびTRP-1タンパク質の分泌に対して阻害作用を示しました。また、チロシナーゼ関連タンパク質2(TRP-2)および小眼球関連転写因子(MITF)のタンパク質レベルには有意な差は見られませんでした。

以上のことから、サジー種子残渣抽出物は、チロシナーゼ活性を低下させ、チロシナーゼおよびTRP-1の発現を低下させることにより、メラニン合成を阻害すると考えられます。

<参考文献> 

Jiachan Zhang, Changtao Wang, Chengtao Wang, Baoguo Sun, Cai Qi(2018)/Understanding the role of extracts from sea buckthorn seed residues in anti-melanogenesis properties on B16F10 melanoma cells/Food Funct./9/5402-5416

【皮膚保護作用】紫外線からの保護

『サジー種子オイルは、紫外線からヒトの皮膚細胞を保護する作用をもっている』という細胞実験の研究結果が発表されています。

紫外線による皮膚細胞の脂質代謝変化に対するシーバックソーン(サジー)種子オイルの効果

2種類の皮膚細胞を用いて、紫外線照射細胞の酸化還元バランスと脂質代謝に対するサジー種子オイルの影響を調べ、光保護効果があるかどうかを検討しました。

方法

ヒトのケラチノサイトと線維芽細胞に、UVAまたはUVB※を照射し、サジー種子オイル(500ng/mL)で処理した後、以下の方法を用いて酸化還元活性を推定しました。

※UVA:紫外線タイプA、20J/cm²および30J/cm²
※UVB:紫外線タイプB、60mJ/cm²および200mJ/cm²

・活性酸素種(ROS)の発生
・電子スピン共鳴(ESR)
・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
・分光光度計

また、脂質代謝や、皮膚の再生・保護に関わる受容体については以下の項目を測定しました。

・脂肪酸
・脂質過酸化産物
・ホスホリパーゼA2活性
・エンドカンナビノイド(カンナビノイド受容体レベル)
・ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)

結果

サジー種子オイルの処理によって、脂質過酸化産物(4-ヒドロキシノネナール、8-イソプロスタグランジン)の減少、エンドカンナビノイド受容体レベルの上昇が観察されました。

さらに、サジー種子オイルによって、リン脂質と遊離脂肪酸の値が高くなり、同時に紫外線照射したケラチノサイトと線維芽細胞のカンナビノイド受容体の発現を低下させました。

ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)に関しては、皮膚細胞の種類によって異なる結果が得られました。紫外線照射後のケラチノサイトではPPARの発現が低下しましたが、線維芽細胞では発現が亢進(高進)され、抗炎症作用を示しました。

以上の結果から、サジー種子オイルは、皮膚の線維芽細胞とケラチノサイトにおいて、紫外線による酸化還元バランスや脂質代謝の乱れを防ぐ効果があり、皮膚の光保護に有用であると考えられます。

<参考文献>

Agnieszka Gęgotek, Anna Jastrząb, Iwona Jarocka-Karpowicz, Marta Muszyńska, Elżbieta Skrzydlewska(2018)/The Effect of Sea Buckthorn ( Hippophae rhamnoides L.) Seed Oil on UV-Induced Changes in Lipid Metabolism of Human Skin Cells/Antioxidants (Basel)./7/110

【胃保護作用】胃潰瘍の改善

『胃潰瘍やびらん病変をもつイヌにサジー種子オイルを摂取させたところ、病変の治癒がみられた』という研究結果が発表されています。

イヌの胃潰瘍およびびらんの治療におけるシーバックソーン(サジー)オイルの有効性;標準的な薬剤との比較

方法

本試験は、中型雑種のイヌ20頭を対象に行われました。
デキサメタゾン(1mg/kg)を1日2回静脈内投与し、胃潰瘍とびらんを形成させました。

その後、すべてのイヌを無作為に5つのグループに分け、それぞれの治療薬またはサジー種子オイルを1日2回経口投与させました。

①ランソプラゾール(1.5mg/kg)
②スクラルファート(1g/動物)
③ミソプロストール(10μg/kg)
④ファモチジン(1mg/kg)
⑤サジー種子オイル(5mL/動物)

結果

胃内視鏡検査では、サジー種子オイル群でも胃潰瘍・びらん病変の完全な治癒がみられ、治癒するまでに要した日数は以下のような結果となりました。また、すべてのイヌで食欲の著しい改善がみられました。

①ランソプラゾール群:9.00±1.23日
②スクラルファート群:13.50±0.87日
③ミソプロストール群:10.50±1.50日
④ファモチジン群:8.25±1.44日
⑤サジー種子オイル群:7.5±0.87日

下血の症状は、それぞれの群で以下の日数まで続きました。

①ランソプラゾール群:6日目
②スクラルファート群:9日目
③ミソプロストール群:9日目
④ファモチジン群:6日目
⑤サジー種子オイル群:3日目

血液学的検査では、いずれの群でも顕著に改善し、また血清生化学的検査でも悪影響を及ぼしませんでした。

以上の結果から、イヌのデキサメタゾン誘発性の胃潰瘍に対して、サジー種子オイルが有用であることが示唆されました。

<参考文献>

Richa Dogra, S P Tyagi, Amit Kumar(2013)/Efficacy of Seabuckthorn (Hippophae rhamnoides) Oil vis-a-vis Other Standard Drugs for Management of Gastric Ulceration and Erosions in Dogs/Vet Med Int./2013/176848