サジーとアーユルヴェーダ

最古の伝承医学アーユルヴェーダ

皆さんはアーユルヴェーダをご存知でしょうか。
エステやコスメなどの美容業界では知らない人はいないほど認知されている美容と健康法です。

太古から現在へ、伝え継がれるサジーの実力

アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダでは5000年という気の遠くなるような時間を経て人々が効果があるか、副作用はないかを確認し伝承してきました。そんなアーユルヴェーダでサジーは免疫力を高める植物として伝えられてきました。

世界にたった79種類、選ばれた植物サジー

何万種類もの植物が存在するなかでアーユルヴェーダで認められている原料数はWikiPediaでたったの79種類の中に サジーが登場します。

Wikipedia
Wikipediaのアーユルヴェーダの記事中にもHippophae(サジー)の名前が

ピンク網掛けの翻訳:
アーユルヴェーダに使われた植物
Hippophae(学術名)=サジー
参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Category:Plants_used_in_Ayurveda

アーユルヴェーダの本場でもサジーは大活躍

インド医学界のジャーナル
アーユルヴェーダの本場インド医学界のジャーナル

ピンク網掛けの翻訳:
アーユルヴェーダではサジーを飲むことで風邪や肺炎、ウイルス感染症、抗炎症、去痰治療として規定されています。
参考URL:http://www.japi.org/june_2013/06_oa_immunomodulating_and_antiproteinuric_effect.pdf#search=’Ayurveda

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加