サジーが砂漠化を止める?

サジーは緑化を支える大黒柱

砂漠の緑化に適したプラントはポプラ、松、カエデ、ハルニレ、サジーなどで、特徴が異なりますが、多数あります。

中でもポプラは成長が早く、深く地下水源まで根を伸ばします。しかし、過度に植えすぎると地下水源をくみ上げ空気中に放出し、水源を枯渇させる原因にもなりますので注意が必要です。

砂漠
ポプラの木

一方でサジーは竹のように成長が早く横に力強く根を張る性質で、がけ崩れ、土壌浸食などをを防止するに優れた性質を持っています。

尚且つサジーの放線菌の能力は空気中の窒素を取り込みアンモニア化合体窒素に変換し自身の肥料に変えてしまうのです。

年間降雨量の乏しい砂漠でも生きていけますし、サジーの根粒菌が窒素固定を行うので土壌改善にも優れ、他の植物の発育を助けます。

以上からサジーの需要が高まれば高まるほどサジー苗による植林が必要になります。

砂漠
崖に根強く生えるサジー

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加