皮膚保護作用

【皮膚保護作用】アトピー性皮膚炎の改善

『アトピー性皮膚炎のモデルマウスにサジーオイルを塗布したところ、皮膚炎に関する検査値が改善された』という研究結果が発表されています。

2,4-ジニトロクロロベンゼン(DNCB)誘発アトピー性皮膚炎モデルマウスに対するシーバックソーンオイルのTh1/Th2バランス調整による改善効果

アトピー性皮膚炎(AD)は、世界的な慢性皮膚疾患です。本研究では、BALB/cマウスに2,4-ジニトロクロロベンゼン(DNCB)を繰り返し投与することで誘発されるアトピー性皮膚炎マウスモデルに対するシーバックソーン(サジー)オイルの効果を評価しました。

方法

マウスを以下の4群に分け、③および④のサジーオイル群には、濃度の異なる同量のサジーオイルを、15日間毎日塗布しました。

①正常対照群
②ADモデル群
③サジーオイル(5ml/kg)を投与したADモデル群
④サジーオイル(10ml/kg)を投与したADモデル群

その後、皮膚バリアの機能とIL-4、IFN-γ、TNF-α、TSLPの産生について調べました。

さらに、リンパ節におけるランゲルハンス細胞の移動と成熟についてフローサイトメトリーで評価しました。

結果

図2 DNCBで誘発されたADモデルの皮膚に対するサジーオイルの効果(抜粋)
B マウスの耳の厚さ C 皮膚炎のスコア(皮膚炎のスコアは、様々なAD症状に応じたスコアの合計)
P < 0.01, # P < 0.05vs.正常対照群; ** P < 0.01, * P < 0.05vs.ADモデル群

サジーオイルは、皮膚炎の特徴である耳の肥厚や肥満細胞の浸潤を改善させました。また、リンパ節重量の減少や、Th2細胞活性の低下など、皮膚炎のスコアが低下しました。

サジーオイルは、耳の組織におけるIL-4、IFN-γ、TNF-α、TSLPの発現、血清中のIgEレベル、リンパ節におけるIL-4、IFN-γ、TNF-αのmRNA相対発現を低下させました。

さらに、サジーオイルは、局所病変からリンパ節へのランゲルハンス細胞の移動を抑制し、リンパ節での成熟を阻害しました。

これらの結果から、サジーオイルは、Th1/Th2のバランスを維持することにより、DNCB誘発ADマウスに対して全身的または局所的に有益な効果を持つことが示唆されました。

<参考文献>

Xinxin Wang, Sijia Li, Jiping Liu, Dongning Kong, Xiaowei Han, Ping Lei, Ming Xu, Hongquan Guan, Diandong Hou(2020)/Ameliorative effects of sea buckthorn oil on DNCB induced atopic dermatitis model mice via regulation the balance of Th1/Th2/BMC Complement Med Ther./20/263

【皮膚保護作用】乾燥の軽減

『サジー種子オイルは、皮膚の水分保持に関わるタンパク質の発現を増加させ、皮膚の乾燥を軽減する』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)種子の不飽和脂肪酸濃縮エキス(種子オイル)は、アクアポリン3とヒアルロン酸合成酵素2の発現を増加させることで皮膚の乾燥を軽減する

シーバックソーン(サジー)の種子オイルは多量の多価不飽和脂肪酸(PUFA)を含むことがよく知られており、PUFAは一般的に経表皮水分損失(TEWL)を減少させることで皮膚の水分補給を促進することが認められています。

本研究では、サジー種子オイルがアクアポリン3(AQP3)※またはヒアルロン酸合成酵素2(HAS2)の発現を増加させるかどうかを調べました。

※アクアポリン3:肌の表皮に存在し、水分の取り込みに関わるタンパク質

方法

サジー種子オイルの細胞毒性(安全性)を調べるためにMTTアッセイを行いました。

次に、サジー種子オイルが正常ヒト表皮ケラチノサイト(NHEK)細胞でAQP3 mRNAの発現を増加させるかどうかを調べるためにPCRを行いました。

また、免疫蛍光法(IF)とウェスタンブロット分析を用いて、NHEK細胞または再構築した表皮の皮膚モデルにおいてサジー種子オイルの影響を受けたAQP3とHAS2のタンパク質レベルの発現を調べました。

結果

・MTTアッセイ(安全性評価)
すべての試験濃度のサジー種子オイルは細胞に対して細胞毒性を示しませんでした。

・PCR(AQP3 mRNAの発現)
10μg/mLのサジー種子オイルで処理したサンプルは、陰性対照と比較してAQP3 mRNAレベルを明らかに増加させました。

・免疫蛍光法(IF)とウェスタンブロット分析(AQP3とHAS2のタンパク質レベルの発現)
10μg/mLのサジー種子オイルで処理したNHEK細胞のAQP3とHAS2のタンパク質レベルは、陰性対照よりもはるかに高いことが示されました。

さらに、再構築表皮皮膚モデルにおいても、10μg/mLのサジー種子オイルで処理したサンプルは、陰性対照と比較してAQP3とHAS2タンパク質の発現が大幅に上昇しました。

以上のことから、サジー種子オイルがAQP3とHAS2の発現を増加させ、皮膚の乾燥を軽減することが分かりました。

<参考文献>

Qifeng Yao, Tinghan Jia, Wu Qiao, Hongjian Gu, Ken Kaku(2021)/Unsaturated fatty acid-enriched extract from Hippophae rhamnoides seed reduces skin dryness through up-regulating aquaporins 3 and hyaluronan synthetases 2 expressions/J Cosmet Dermatol./20/321-329

【皮膚保護作用】メラニン合成の抑制

『サジー種子残渣の抽出物は、マウスのメラノーマ細胞におけるメラニン合成を阻害する』という研究結果が発表されています。

シーバックソーン(サジー)種子残渣抽出物の役割;B16F10メラノーマ細胞に対する抗メラニン生成特性

シーバックソーン(サジー)種子残渣のアルコール抽出物(HYD-SBSR)は、皮膚の美白剤として期待されています。

HYD-SBSRのB16F10マウスメラノーマ細胞に対する抗メラニン生成特性を分析し、そのメカニズムを転写レベルと翻訳レベルの両方で測定しました。

結果

HYD-SBSRは、24時間、48時間および72時間の処理によってメラノーマ細胞のメラニン含量を有意に減少させ(P < 0.01)、さらに細胞外のチロシナーゼ※活性を強く阻害し、細胞内のチロシナーゼ活性を減少させました(P < 0.01)。

※チロシナーゼ:メラニン生成酵素

HYD-SBSRは、細胞株において、チロシナーゼ(TYR)およびチロシナーゼ関連タンパク質1(TRP-1)の発現、TYRおよびTRP-1タンパク質の分泌に対して阻害作用を示しました。また、チロシナーゼ関連タンパク質2(TRP-2)および小眼球関連転写因子(MITF)のタンパク質レベルには有意な差は見られませんでした。

以上のことから、サジー種子残渣抽出物は、チロシナーゼ活性を低下させ、チロシナーゼおよびTRP-1の発現を低下させることにより、メラニン合成を阻害すると考えられます。

<参考文献> 

Jiachan Zhang, Changtao Wang, Chengtao Wang, Baoguo Sun, Cai Qi(2018)/Understanding the role of extracts from sea buckthorn seed residues in anti-melanogenesis properties on B16F10 melanoma cells/Food Funct./9/5402-5416

【皮膚保護作用】紫外線からの保護

『サジー種子オイルは、紫外線からヒトの皮膚細胞を保護する作用をもっている』という細胞実験の研究結果が発表されています。

紫外線による皮膚細胞の脂質代謝変化に対するシーバックソーン(サジー)種子オイルの効果

2種類の皮膚細胞を用いて、紫外線照射細胞の酸化還元バランスと脂質代謝に対するサジー種子オイルの影響を調べ、光保護効果があるかどうかを検討しました。

方法

ヒトのケラチノサイトと線維芽細胞に、UVAまたはUVB※を照射し、サジー種子オイル(500ng/mL)で処理した後、以下の方法を用いて酸化還元活性を推定しました。

※UVA:紫外線タイプA、20J/cm²および30J/cm²
※UVB:紫外線タイプB、60mJ/cm²および200mJ/cm²

・活性酸素種(ROS)の発生
・電子スピン共鳴(ESR)
・高速液体クロマトグラフィー(HPLC)
・分光光度計

また、脂質代謝や、皮膚の再生・保護に関わる受容体については以下の項目を測定しました。

・脂肪酸
・脂質過酸化産物
・ホスホリパーゼA2活性
・エンドカンナビノイド(カンナビノイド受容体レベル)
・ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)

結果

サジー種子オイルの処理によって、脂質過酸化産物(4-ヒドロキシノネナール、8-イソプロスタグランジン)の減少、エンドカンナビノイド受容体レベルの上昇が観察されました。

さらに、サジー種子オイルによって、リン脂質と遊離脂肪酸の値が高くなり、同時に紫外線照射したケラチノサイトと線維芽細胞のカンナビノイド受容体の発現を低下させました。

ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)に関しては、皮膚細胞の種類によって異なる結果が得られました。紫外線照射後のケラチノサイトではPPARの発現が低下しましたが、線維芽細胞では発現が亢進(高進)され、抗炎症作用を示しました。

以上の結果から、サジー種子オイルは、皮膚の線維芽細胞とケラチノサイトにおいて、紫外線による酸化還元バランスや脂質代謝の乱れを防ぐ効果があり、皮膚の光保護に有用であると考えられます。

<参考文献>

Agnieszka Gęgotek, Anna Jastrząb, Iwona Jarocka-Karpowicz, Marta Muszyńska, Elżbieta Skrzydlewska(2018)/The Effect of Sea Buckthorn ( Hippophae rhamnoides L.) Seed Oil on UV-Induced Changes in Lipid Metabolism of Human Skin Cells/Antioxidants (Basel)./7/110