『サジー果実の抽出物とサジー葉の抽出物は、それぞれメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対し抗菌作用がある』という研究結果が発表されています。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対するシーバックソーン(サジー)の抗菌活性

ディスク拡散法を用いて、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌※(MRSA)に対するシーバックソーン(サジー)の果実と葉の抗菌活性を調べました。

※メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus):メチシリンなど複数の抗生物質に薬剤耐性を示す細菌

方法

サジーの果実と葉それぞれに関してクロロホルム、n-ヘキサンおよび水性の抽出物を用意し、2mg/ml,4mg/ml,6mg/mlの用量で実験を行いました。
また、抗菌活性について標準薬であるバンコマイシンとの比較を行いました。

結果

果実のn-ヘキサン抽出物とクロロホルム抽出物、および葉のn-ヘキサン抽出物は、バンコマイシンと同等の有意な抗菌活性を示しました(p<0.05)。

以上のことから、サジーの果実および葉の抽出物には、MRSAに対する抗菌作用があると結論づけられました。

<参考文献> 

Muhammad Imran Qadir, Khizar Abbas, Adnan Younus, Rehan Sadiq Shaikh(2016)/Report – Antibacterial activity of sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.) against methicillin resistant Staphylococcus aureus (MRSA)/Pak J Pharm Sci./29/1711-1713